FC2ブログ
『おいじゃっど』さんが「45分の徒歩通勤から見えた事・感じた事・何気ない風景・気になった風景」とは!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球船の目印松

鹿児島の祇園之洲から海岸沿いに磯へ抜ける道路を走っていると
海側に松の木が見えます。灯籠の左右生えている松はなんだろうと
近づいてみると案内板に「琉球松」と書いてありました。
薩摩の国は島津斉彬の頃から琉球との交流を盛んにしていたようで
琉球の船が入るときの目印にしていたようです。

琉球船の目汁松 


                琉球船の目印松
           ~磯浜の名物、享年142歳~
磯浜には昔、石灯籠に抱きつくように見事な枝を張った大松がありました。
琉球からの船が入港するとき、目印にした松というところから「琉球人松」
と呼ばれていました。

松の上の丘は桜の名所で、海上から桜を眺める遊覧船も多かったと
いいます。
ところが終戦後、松クイ虫の被害にあい、この名物松を惜しむ人たちが
手を尽くして駆除に努めましたが、その甲斐なく枯れてしまったのです。

そこで、1953年(昭和28年)10月2日、当時の市長 勝目清の
ノコ入れで切り倒され、翌年、数本の姫松が植えられました。
その中の一本が現在、石灯籠の左手に根付いています。

切り倒さた琉球人松の年輪を数えると142あったそうです。
また1973年(昭和48年)5月15日、沖縄復帰1周年を記念して、
那覇市からリュウキュウマツの寄贈を受け、石灯籠の右手に
植えられています。

琉球船の目印松
スポンサーサイト

幸加木神社・・・・・お気に入りの風景

とある日曜日のジョギングコースは、鹿児島市の北部にある小野公園
をベースにすることにしました。
この日の小野公園では高校生の野球の大会(練習試合?)があるよう
で県外のマイクロバスが駐車場に多く見受けられました。

準備を整え、小野公園から北西へ伸びる県道206号を走り始めてすぐ
500メートルくらい、上り道を走っている途中で「幸加木神社」の看板を
見つけました。

        幸加木神社の入り口にある看板

幸加木川沿いの小高い丘の麓に幸加木神社があります。
照葉樹林が広がっていて、鳥居をくぐり進む参道では、木々のトンネル
や苔むした大きな岩場を流れ落ちる清流を楽しむことができます。
社殿の奥は、不動明王などの仏像や石灯籠のほか、岩壁を静かに
流れる滝と水量多く流れる滝の2つの滝を見ることができます。
社殿や滝などが木漏れ日に照らされ静寂に包まれた空間は、
周囲とは少し違った独特の雰囲気を醸し出しています。 
                                    鹿児島市

こうかき神社
 

川の畔に降りて看板に書いてあるとおり、「木々のトンネルや苔むした
大きな岩場を流れ落ちる清流」に沿って50m程歩いていくと石灯籠
の間の小さな石橋が見えてきました。
こうかき神社3 
そこを渡って行くと木々のこもれびの中に社殿が佇んでおりました。
こうかき神社2


恥ずかしい話ですが、「かごしま自然百選」なるものがあるのを
この看板で初めて知りました。
この自然百選を巡るジョギングの旅もいいかも?と帰ってきてから
百選を調べながら思ったものでした。



今年の桜は早かった・・・・・今日の出来事

2018年3月25日(日曜日)

例年なら4月に入る頃に満開を迎える鹿児島の桜たち。
今年は全国的に例年より1週間程早いようで鹿児島はもう見頃を
若干過ぎたかもしれません。

我が家でも昨日の土曜日、慌てて鹿児島の桜の名所、甲突川へ
ランチ持っていってきました。

これは自宅近くの「立山公園」
道路から一段低いところに公園の桜があり眼の前で桜を鑑賞する
事ができます。
ここをスタートして紫原の桜を鑑賞する散歩にでかけました。
立山公園1 

一本桜公園です。自宅から10分ほど歩いたところにあります。
公園の名前の由来となった「一本桜」はすぐ近くの紫原の一本桜温泉の
横にあり今でも花を咲かせる桜の枯木です。
一本桜公園1 

これは鹿児島銀行紫原支店の近くにある市営住宅の敷地内に
咲く桜です。
鹿銀近くの市営アパート1
この他にも紫原中央公園や途中にあるきれいな桜もいっぱい写真
取りましたが同じような写真なので割愛。

これは翌日通りかかった荒田の幼稚園の桜でツツジのピンクとの
相性もいい感じです。
荒田の幼稚園1
あっという馬2018年の桜前線は鹿児島を通り過ぎてしまい、毎年
2~3回花見でお酒を飲むのですが今年は昨日奥さんといった甲突川の
ランチ花見の一回きりでした。

いやもとい、後日会社からの帰り道、桜を惜しんで甲突川をジョギングで
帰った際、ちょっと気分が乗ってきたので近くのコンビニでビールと軽い
おつまみを買って一人で夜桜花見をやったのを思い出しました。
その時の写真がこれ!
甲突川 夜桜1 
若干、色がおかしいですが4月2日月曜日 あれから1週間程
過ぎておりますがまだ桜の花は残っております。
甲突川でも花見をやっている団体は多くはありませんがあちらこちら
で見かけました。
良かった。今年も2回は花見ができて。








川辺二日市Runその3・・・・・今日の出来事

峠を越えて、軽快に下り坂を走ること、坂之上から8km程のところに
小さな橋がかかっており、そこを走り抜けようとしたとき、川の上流に
ちらっと視線を向けると奥の方になにか像のよなものが立っており
一度は20メートルほど走りましたが、どうも気になり引き返しました。
橋からの眺めがこんな感じです。

観音像 橋からの眺め 

川沿いは昔は整備されていたであろうという感じで今はケッコー
草が生え、こけむしていました。
で、近づくと、こんなに優しい顔立ちの観音様でした。
観音様 
思いがけず良いものを見ることができて、その後もまた気持ち
よく走ることができました。
そして川辺の手前、神殿小学校の近くにあった九玉神社。
九玉神社 
このあと、坂之上をスタートしてからおよそ3時間、21kmを走り
川辺に到着。
いつものように温泉で汗を流した後、露店でつまみを調達し、美味しい
ビールをいただきました。

川辺二日市Runその2・・・・・ 今日の出来事

こちらが 今年の川辺二日市へのランニングコースです。
自宅からJRで坂之上まで行き、そこからRunスタート。
今年で3回目となる川辺二日市Runですが最初は五位野駅から
川辺峠越え、2回目は平川まで下り知覧CC経由知覧から川辺コース
3回目の今年は一番北側のコースとなります。

川辺二日市RUN 
鹿児島国際大学の前を通り、児玉美術館方面へ走ると畑が広がり始め
やがて「錫山自然遊歩道」の看板が見えてきました。
錫山自然遊歩道 
今日のコースはここを通ろうと考えておりました。
結構、坂のきついコース、遊歩道で途中歩くこと多数。
遊歩道の途中で鹿児島市内がきれいに見えました。
遊歩道からの眺め

スポンサードリンク

Copyright © 「毎日の徒歩通勤から感じた事を綴ります」 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。