FC2ブログ
徒歩通勤の風景など、『おいじゃっど』さんが「45分の徒歩通勤から見えた事・感じた事・何気ない風景・気になった風景」とは!!

晩秋の鹿児島・・・・・・徒歩通勤の風景

今週末が鹿児島の紅葉の見頃だそうです。ということで徒歩通勤途中で見られる
鹿児島市内の紅葉。
鹿児島大学の教育学部入り口。
20171129 鹿児島大学銀杏 

騎射場公園も黄色い絨毯が出来あがっております。








20171129 騎射場公園
スポンサーサイト

12月9日の朝日・・・・・・・徒歩通勤ならぬラン通勤の風景

12月に入ると忘年会が多くて、会社帰りのジョギングがなかなか
難しくなってきます。年が明けるとすぐ恒例の菜の花マラソンが
待っているというのに・・・・・。

そんなこんなで毎年12月は月間走行距離が伸びないうえに、年末
年始、お祝いのお酒を大量に飲んで、走る気力も湧かないまんま
菜の花マラソンに突入!というこれまでのパターンを打破するべく
今年は、夜飲み会が入っているときは出勤するときに走ることにしました。

というわけで12月9日(金曜日)も夜は飲み会が入っていたので
朝がんばって走って出勤しました。
朝7時21分 鹿児島市宇宿2丁目の海岸通りを走行中
向こうに見える「黎明みなと大橋」にさらにその向こうにある
大隅半島から上る朝日がいい具合に橋にかかるところにちょうどいい
タイミングで出くわしました。

12月9日の朝日 
いいじゃないですか?
この日は12月に入り4回目の早朝出勤RUN
今日は朝からこんなきれいな朝日を見たせいか、調子が良すぎて
朝から12kmも走ってしまいました。(仕事は大丈夫か?)

毎年元旦は初日の出ジョギングで汗を流した後祝杯をあげますが
今年は12月に何回もきれいな朝日がいっぱい拝めて幸せです。

地図的にはこんな感じです。
朝日を見たところ

霧島丸遭難碑・・・・・徒歩通勤の風景

毎日の通勤で通る鹿児島大学水産学部の通り。
通りに向かって敷地内に霧島丸の碑があることを知らせる手書きの
案内板がありその存在は知っていましたが、なかなか敷地内に入って
見学するまでには至リませんでした。
ちょっと時間に余裕があったとある6月の晴れた朝、思い切って
水産学部の敷地に入ってみることに。

            霧島丸遭難の碑 全景
霧島丸 遭難碑 全景 
                遭難の碑
霧島丸 遭難碑 

霧島丸 遭難碑 碑文 
説明書きをそのまま写して見ました。
「1927年(昭和2年)39日、練習船「霧島丸」は南洋マーシャル
諸島への遠洋航海途上。犬吠埼沖 13
0Km付近で暴風に遭遇し
舵機を損じ、
SOSを打電した後、連絡が途絶え行方不明となった。
その後軍艦、航空機、練習船、民間船、漁船、漁業調査船など多くの
協力を得、
50日余の大規模な捜索を実施したが、一片の遺品も発見
できず、船長以下乗組員
23名および実習生30名、計53名全員が
殉職した。

これは当時、練習生最大の海難事故であった。これを契機として
世論が高まり、文部省は
1930年(昭和5年)、全国11校の県立商船
学校用として大型練習船「日本丸」「海王丸」の
2隻を建造し、日本の
海技教育の充実が図られた。この時唯一制作された「日本丸」の
模型は現在鹿児島大学水産学部が保有している。

この遭難碑は霧島丸殉職者53柱を慰霊するため1930年(昭和5年)
に建立されたものであり、以来毎年
39日には関係者がこの碑の
前に集い慰霊祭がとり行われてきた。」
                                      以上

「霧島丸」でネット検索したらこんな記事を見つけました。

「平成16年5月13日、 霧島丸殉職者53柱の御霊は、 神奈川県三浦
半島観音崎灯台近くの丘陵地に立つ 『戦没船員の碍』 に奉安され
ました。」
 
これは冒頭の部分だけですがこのページを見ると、霧島丸が遭難した
時の緊迫した様子なども綴られております。

興味のある方は覗いてみてください。
http://www.zensenkyo.com/_bk/kaiho/96kaiho/kirishimamaru/kirishimamaruhouan.html


今年のあじさい2・・・・・・徒歩通勤の風景

6月3日(金)から4日(土)にかけて実家の垂水に帰ってまいりました。
垂水フェリーターミナルから実家まで歩いて帰る途中、いろいろな
あじさいを見つけましたのであじさいシリーズ第2弾!

6月4日に九州南部も梅雨入りしました。あじさいも見頃!

歩き始めて20分ほど 垂水市の市木171番地付近。
道の両サイドにあじさいを発見

垂水市市木171のあじさい-1
花びらはこんな感じです。 小さいのがいっぱい。
  垂水市市木171のあじさい-3

さらに20分ほど歩いて中俣の道路沿いに植えられたあじさい。
鮮やかなブルーが印象的です

垂水市中俣468付近のあじさい 

これも中俣付近。
垂水市中俣付近のあじさい2 

これもまた珍しい
垂水市海潟佐多街道のあじさい1 

海潟の実家近くの道路のあじさい。

垂水市海潟佐多街道のあじさい2 

そして1時間30分程かけて歩いて帰り着いた実家にもあじさいが
しっかりと植えてあります。
薄紫色の花が綺麗です。
垂水市海潟 実家のあじさい 

上のあじさいとノーマルなあじさいがくっついてます。
垂水市海潟 実家のあじさい2

今年のあじさい・・・・・・・徒歩通勤の風景

奄美地方はすでに梅雨入りしておりますが、鹿児島県本土も間も無く梅雨の時期を迎えます。
歩いて通勤すると最近あじさいの花をよく見かけるので鹿児島市のあじさい図鑑を作りましょう。

まずは自宅のあじさい。
植えてから今年で3年目になりますが去年は花が咲きませんでしたが(ホントは花じゃない
ですが)今年は開きました。
唐湊3丁目あじさい 唐湊3丁目あじさい2
そして下荒田2丁目のあじさい。
荒田2丁目のあじさい1 
上の額アジサイのすぐ隣に典型的なあじさい花
荒田2丁目のあじさい2 
こんな感じです
荒田2丁目のあじさい3 

そして下荒田3丁目付近のあじさいが鮮やかな色
下荒田3丁目のあじさい1 
なんと鉢植えでした。すごく立派に育ってます。
下荒田3丁目のあじさい2

スポンサードリンク

Copyright © 「毎日の徒歩通勤から感じた事を綴ります」 All Rights Reserved.