FC2ブログ
琉球船の目印松など、『おいじゃっど』さんが「45分の徒歩通勤から見えた事・感じた事・何気ない風景・気になった風景」とは!!

琉球船の目印松

鹿児島の祇園之洲から海岸沿いに磯へ抜ける道路を走っていると
海側に松の木が見えます。灯籠の左右生えている松はなんだろうと
近づいてみると案内板に「琉球松」と書いてありました。
薩摩の国は島津斉彬の頃から琉球との交流を盛んにしていたようで
琉球の船が入るときの目印にしていたようです。

琉球船の目汁松 


                琉球船の目印松
           ~磯浜の名物、享年142歳~
磯浜には昔、石灯籠に抱きつくように見事な枝を張った大松がありました。
琉球からの船が入港するとき、目印にした松というところから「琉球人松」
と呼ばれていました。

松の上の丘は桜の名所で、海上から桜を眺める遊覧船も多かったと
いいます。
ところが終戦後、松クイ虫の被害にあい、この名物松を惜しむ人たちが
手を尽くして駆除に努めましたが、その甲斐なく枯れてしまったのです。

そこで、1953年(昭和28年)10月2日、当時の市長 勝目清の
ノコ入れで切り倒され、翌年、数本の姫松が植えられました。
その中の一本が現在、石灯籠の左手に根付いています。

切り倒さた琉球人松の年輪を数えると142あったそうです。
また1973年(昭和48年)5月15日、沖縄復帰1周年を記念して、
那覇市からリュウキュウマツの寄贈を受け、石灯籠の右手に
植えられています。

琉球船の目印松
スポンサーサイト
TOP鹿児島の碑シリーズ琉球船の目印松

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://frmkagoshima.blog51.fc2.com/tb.php/388-bc695cc1
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 「毎日の徒歩通勤から感じた事を綴ります」 All Rights Reserved.